ベラ ジョン カジノ やり方k8 カジノKDDI、2008年3月期第1四半期は増収増益──携帯事業が好調仮想通貨カジノパチンコ刀剣 乱舞 舞台 サイト

ベラ ジョン カジノ やり方k8 カジノKDDI、2008年3月期第1四半期は増収増益──携帯事業が好調仮想通貨カジノパチンコ刀剣 乱舞 舞台 サイト

ベラ ジョン カジノ やり方k8 カジノKDDI、2008年3月期第1四半期は増収増益──携帯事業が好調仮想通貨カジノパチンコ刀剣 乱舞 舞台 サイト

casino 888 onlinek8 カジノ

クインテット パチンコ KDDIは7月23日、2008年3月期第1四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比5.7%増の8441億円、営業利益は同15.6%増の1409億円で増収増益となった。

→「ソフトバンクモバイルの躍進、我々への影響は大きくない」──KDDIの小野寺社長Photo連結決算(左)と携帯事業の決算(右)

 今期も携帯電話事業が牽引して増収増益を達成。携帯電話事業の売上高は前年同期比5.5%増の6748億円、営業利益は同16.7%増の1513億円に達した。

 第1四半期の番号ポータビリティによる純増数は19.2万と好調に推移。ツーカーからauへの同番移行も第1四半期に17万、累計で230万と、2008年3月末のサービス終了に向けてスムーズに推移しているという。

 なお携帯電話事業の国内シェアは6月末時点で29.3%となり、同社が目標とする30%への到達も間近に迫っている。

Photoau+ツーカーの純増の推移(左)とau携帯電話の純増内訳(右)

関連キーワードau | KDDI | 決算 | 経営 | 番号ポータビリティ | NTTドコモ | 小野寺正仮想通貨カジノパチンコサッカー 日本 代表 福岡

コメントを残す